睡眠薬 種類 効果

睡眠薬の種類 4分類の効果について解説します

睡眠薬・睡眠導入剤の種類によって効果は異なります

 

それぞれ超短時間型短時間型中間型長時間型という4つに分かれますが、

 

症状によって主治医が効果の使い分けを行います。

 

 

寝付きが悪い場合超短時間型短時間型、場合によっては中間型の薬が処方されます。

 

これは就寝前に服用するとすぐに眠気が訪れ、効果は超短時間型で3時間から4時間、短時間型で

 

5時間から6時間になります。

 

 

中間型は効果が7時間から8時間で、寝付きは良くても途中で目が覚めてしまう

 

中途覚醒タイプの不眠症の患者に処方されます。

 

就寝前に服用することには違いはありません。

 

 

これに対して長時間型ゆっくり長く眠ることを目的をしており、持続時間が長いです。

 

就寝前に服用するのは同じで、夜頻繁に目が醒めたり、短時間型や中間型の薬が効かない人、

 

またはそれらの薬を服用しても薬が切れた後に覚醒し、眠りにつけない人などに処方されます。

 

 

また、睡眠薬・睡眠導入剤にはベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というものがあり、

 

どちらも睡眠薬・睡眠導入剤の中では現在の主流で、脳に神経伝達物質を伝える働きを抑制します。

 

 

以前よく使われていたバルビツール系睡眠薬は安全性に問題があり、副作用も強いため

 

現在ではほとんど処方されていません。

 

それでも上記ベンゾジアゼピン系の睡眠薬がどうしても効かない場合、服用量に細心の注意を払い、

 

処方される場合もあります。

 

但し、厳密に医師の指示に従う必要があります。

 

睡眠薬・睡眠導入剤の総合情報

<スポンサードリンク>

睡眠薬の種類 4分類の効果について解説します関連ページ

睡眠薬の種類の4分類
睡眠薬は大きく分けて4つに分類することが出来ます。その内容を解説します。
液体の市販睡眠薬はあるの?
睡眠薬の種類 液体の市販睡眠薬についての情報を掲載しています。
メラトニンに直接働きかける薬
睡眠薬の種類 睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンに直接働きかける睡眠薬もあります!
アモバン錠(ゾビクロン錠)
睡眠薬・睡眠導入剤の種類 アモバン錠(ゾビクロン錠)についての情報を掲載しています。