睡眠薬 種類 メラトニン

睡眠薬の種類 メラトニンに直接働きかける薬

メラトニンという物質をご存知でしょうか。

 

体内にあって体内時計を機能させているホルモンの一つで、

 

睡眠ホルモンとも呼ばれる物質です。

 

 

朝目覚めてから14時間から16時間たつとメラトニンは分泌され、

 

メラトニンが分泌されて1時間から2時間後には眠気をもよおします

 

 

海外などに行って時差を受けた時、周りが太陽の照っている賑やかな日中であっても

 

定期的に眠気が襲ってくるのは、こうした体内時計に従ってメラトニンが分泌されているからです。

 

この働きが本来の通り活発であれば、不眠症に悩まされる人はいないはずですよね。

 

 

最近開発された睡眠薬に、この体内時計に働きかける薬があります。

 

睡眠と覚醒のリズムを改善するという意味ではとても画期的で、

 

しかも従来から使われているベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬とは違い、

 

足元がふらついたり依存症を発症するような副作用がありません

 

 

今までとはまったく違ったアプローチで効き目を発揮しますので、長期服用をしても

 

だんだん効きにくくなるということもなく、体内時計の根本的な改善ぬもとても期待されている薬です。

 

 

開発元は武田薬品工業で、メラトニン受容体作動薬「ロゼレム錠」というのがその薬です。

 

 

体質をゆっくり改善していくために効き目に即効性はありませんが、

 

きちんと服薬すれば大きな効果が期待できます。

 

 

加えて、朝日光を浴びる、休日も早く起きる、軽い運動を行うといった体内時計の改善習慣

 

身につければ、辛い不眠とも根本的にさよならできますね。

 

睡眠薬・睡眠導入剤の総合情報

<スポンサードリンク>

睡眠薬の種類 メラトニンに直接働きかける薬関連ページ

睡眠薬の種類の4分類
睡眠薬は大きく分けて4つに分類することが出来ます。その内容を解説します。
睡眠薬の種類 4分類の効果
睡眠薬の種類 4分類の効果それぞれ異なります。その効果について解説します。
液体の市販睡眠薬はあるの?
睡眠薬の種類 液体の市販睡眠薬についての情報を掲載しています。
アモバン錠(ゾビクロン錠)
睡眠薬・睡眠導入剤の種類 アモバン錠(ゾビクロン錠)についての情報を掲載しています。