睡眠薬 作用時間

睡眠薬の作用時間はどれくらいなの?

睡眠薬は作用時間によって使い分けされています。

 

人によって睡眠障害の症状は異なるため、

 

なるべく個々人に合った服用が出来るよう

 

効き方や作用時間によって処方を変えて治療を行います

 

 

睡眠薬に限りませんが、薬は飲むことで薬効成分の血中濃度が上昇し、さまざまな効果を発揮します。

 

それを肝臓が分解することで徐々に血中濃度が下がって行き、最終的に効き目がなくなります。

 

 

この流れの中で、血中濃度がピークの半分になるまでの時間が半減期と呼ばれており、

 

薬を使う上で作用時間の判断基準となっています。

 

 

睡眠薬の中で治療に多く使われているベンゾジアゼピン系で作用時間を比べてみましょう。

 

超短時間型と呼ばれるものは主に睡眠導入剤として使われますが、服用後の血中濃度の上昇が非常に早く、

 

最大値になるまでが約1時間程度となっています。

 

そのため作用時間も2時間から4時間で、正しく服用すれば翌日に影響を残すことがほぼありません。

 

 

短時間型は、効果が比較的早く現れ、作用時間が5時間から10時間程度の睡眠薬です。

 

立ち上がりが早いので入眠障害にも使えますし、比較的効果が長いので途中覚醒にも使えます。

 

 

中間型は作用時間が20時間という長めの睡眠薬です。

 

明け方まだ暗いうちに目が覚めて、そこから寝付けないという障害に適した睡眠薬です。

 

 

目が覚めた後、日中でも不安感を抑えるため抗不安薬としても使用されますが、

 

その分翌日の眠気やフラつきといった持ち越し作用も生じやすい薬です。

 

 

長時間型は作用時間がどうというよりも、日中に渡ってずっと薬が作用するトータルの改善薬です。

 

抗不安薬やうつ病、総合失調症などの精神疾患による不眠症状改善のための薬です。

 

睡眠薬・睡眠導入剤の総合情報

<スポンサードリンク>

睡眠薬の作用時間はどれくらいなの?関連ページ

高齢者 睡眠薬 副作用
高齢者が睡眠薬を服用する場合の副作用について解説します。
睡眠薬の副作用
睡眠薬の副作用について解説します。一番多い副作用としては翌日に残る眠気と足元のフラつきになります。
睡眠薬とアルコール
睡眠薬には副作用がありますが、特にアルコールを摂取した場合には強い副作用がおきます!
飛行機に長時間乗る場合
飛行機に長時間乗る場合の睡眠薬の服用について解説します。
妊娠中の睡眠薬
妊娠中の睡眠薬服用について解説します。基本的に賛否が分かれていて、結論が出ていません。
子供 睡眠薬
子供に睡眠薬を服用させて大丈夫か解説します。
副作用でうつ状態になるって本当?
睡眠薬の副作用によって、うつ状態になるといわれています。眠るための薬でうつになってしまっては意味がありませんので、ずるずると常用することは良いことではないといわれています。
睡眠薬を飲むと副作用で太るのかな?
睡眠薬の副作用で太るという話を耳にすることがありますが、正確にいうと副作用で太るわけではないようです。確かに睡眠薬には食欲増進の作用がありますが、太ることの直接の原因は飲食によるものです。
睡眠薬を飲んでも不妊症にはならない
睡眠薬を飲むと不妊症になると思っている人もいるようですが、婦人科の専門医の答えはノーです。睡眠薬によって不眠症を起こすことはないので、妊娠を考えている場合は、ひとまず安心といったところでしょうか。
睡眠薬と高血圧との関わりとは
不眠症の原因が高血圧だったということはよくある事象ですが、逆に不眠が続くことで高血圧を引き起こすという事象も起こり得ます。まずは、血圧の治療を考えたうえで、不眠への対処が必要となります。
睡眠薬を緑内障の人は服用できません
急性狭隅角緑内障の場合、服用してはいけない薬が多く、そのなかには睡眠薬も含まれています。睡眠薬は眼圧に影響するからで、睡眠薬でなくてもかぜ薬など、コリン作用のある薬も使えないというわけです。
睡眠薬の長期服用は良くないの?
睡眠薬の長期服用は避けるべきだといわれています。依存性の高く脳に作用する薬なので、脳への影響もあることながら、内臓への影響も大きく、薬を分解する役目を担っている肝臓への負担は重大です。
睡眠薬の副作用に物忘れがあるの?
睡眠薬を服用すると痴呆になるという噂がありますが、それは誤りです。ただ、起こりうる症状としては、物忘れがひどくなるというものがあり、それが痴呆や認知症などと混同されているようです。
オレンジジュースで飲むべきではありません
睡眠薬は、水かぬるま湯で飲むというルールがあり、オレンジジュースなどで睡眠薬を飲むべきではありませんが、柑橘系の果物には、薬の分解を阻害する成分が入っていることが多いためです。
睡眠薬とピルの飲み合わせは要注意!
女性の避妊に使われている低用量ピルと睡眠薬との飲み合わせは、低用量ピルの作用に影響が出てしまうので注意が必要だといわれています。低用量ピルは、少量にすることで副作用を抑えているので、バランスを崩しやすいようです。
睡眠薬を牛乳で服用してはいけません!
不眠を解消する効果があると言われている牛乳は、治療中には是非採り入れたい食品です。 でもだからと言って睡眠薬を牛乳で飲むのはいけません。牛乳と一緒に飲むことで吸収に弊害が出たり効き目を悪くする可能性のある薬もあります。
グレープフルーツが一緒だと副作用が出る
睡眠薬に限らず、グレープフルーツジュースで薬を飲むのは効き目を阻害したり副作用が強く出る可能性があるのでやめましょう。グレープフルーツには、肝臓で薬の成分を分解するのを阻害する働きのある酵素が含まれているからです。