睡眠導入剤 副作用 アルコール

睡眠導入剤とアルコールの併用は厳禁です

睡眠導入剤に限らず、睡眠薬とアルコールの併用は厳禁です。

 

睡眠導入剤とアルコールを同時期に摂取すると、

 

健忘筋弛緩状態がひどくなり、呼吸困難を起こす場合もあります。

 

せん妄状態になって意味不明の言動を起こしたり、徘徊や暴力などを起こす場合もありますので、

 

睡眠薬を服用している時には絶対にアルコールを摂取しないようにして下さい

 

 

こういったまるで脳の病気が進行しているかのような行動は、年齢に関係なく起こっています

 

まったく記憶がない内にインターネット上で大金を使っていたという人や、

 

夜中に徘徊して警察沙汰になったという人もいます。

 

 

誰とも構わずメールを送信していたという人もおり、

 

会社の上層部などに意味不明の文章などを送ってしまったとしたら社会的な問題ですね。

 

 

こういった危険な部分をきちんと説明しないで睡眠導入剤を処方する医師が中にはいるようで、

 

信じられない話ではありますが、自分で自分の身を守るためにも厳禁だということを

 

しっかり認識しましょう。

 

 

問題行動以外にも、睡眠導入剤には筋弛緩作用がありますので、

 

アルコールによってそれが助長され呼吸困難になり、心肺停止を招くことも考えられます。

 

 

せっかく副作用が少なくなり安全性が高くなってきた睡眠薬を、

 

患者自らの手で危険薬にしてしまったのでは、優秀な治療薬がどんどん発売停止になってしまい、

 

最終的に困るのは患者自身です。

 

 

実際にイギリスで発売禁止に追い込まれた睡眠薬もありますが、

 

薬自体は優秀な治療薬なのに勿体無い話です。

 

 

薬の服用は主治医の指示に基づき、必ずルールを守ることは当然のことであり、

 

同時に自分の利益を守ることにもなると認識しましょう。

 

睡眠薬・睡眠導入剤の総合情報

<スポンサードリンク>

睡眠導入剤とアルコールの併用は厳禁です関連ページ

睡眠導入剤の副作用
睡眠導入剤の副作用について解説します。怖いのは健忘、転倒、依存です
睡眠導入剤の大量摂取
睡眠導入剤 大量摂取で死に至ることは稀ですが、よりひどい副作用が待っています・・・