睡眠導入剤 副作用 大量摂取

睡眠導入剤 大量摂取による副作用を解説

現在医療の現場で使用されている睡眠薬・睡眠導入剤は、

 

以前に使われていたものとは考え方の違うもので、

 

脳の働きを沈静化させる精神安定剤の要素が強い薬になっています。

 

 

そのため睡眠薬・睡眠導入剤を大量摂取しても死に至るというものではなくなっていますので

 

そこは非常に改善された点です。

 

 

とは言え、程度問題にはよりますが大量摂取した場合は肝臓にかかる負担は多大なものですので

 

解毒が間に合わず、ひどい頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などといった辛い症状が長く続きます。

 

 

強い眠気が取れず、筋弛緩のため体中の力が抜けたり健忘といった記憶の損失が出る可能性も

 

あるでしょう。

 

非常に不快で辛い症状ですので、服用する量は間違っても自分で増やして良いものではありません。

 

 

また違った意味で薬物の大量摂取につながってしまうケースとして、うつ病の薬やてんかんの薬、

 

抗ヒスタミン剤などのアレルギー薬など、数種類の薬を処方することで

 

薬効成分の大量摂取になってしまうケースが学会から指摘されています。

 

 

特に精神科の治療薬には同様の薬効成分を主成分とする薬が多数存在しますので、

 

処方の目的が一つ一つ異なったとしても結果的に同じ主成分を大量摂取したのと

 

同じことになってしまいます。

 

 

このようないわゆる薬漬けについては厚生労働省も注意喚起を行なっており、

 

日本の向精神薬の処方のあり方については欧米からも批判が挙がっています。

 

 

こういった多量処方については度重なる注意喚起がなされており、

 

近年でも規制が布かれていますので服用する側でも認識しておいたほうが良いでしょう。

 

睡眠薬・睡眠導入剤の総合情報

<スポンサードリンク>

睡眠導入剤 大量摂取による副作用を解説関連ページ

睡眠導入剤の副作用
睡眠導入剤の副作用について解説します。怖いのは健忘、転倒、依存です
睡眠導入剤とアルコールの併用
睡眠導入剤とアルコールの併用は厳禁です。ひどいときには呼吸困難を起こす場合もあります。