睡眠薬 鼻炎薬

睡眠薬と鼻炎薬を併用してはいけません!

睡眠薬と鼻炎薬は併用してはいけません

 

他にも併用してはいけない薬はたくさんあり、

 

他の睡眠薬睡眠改善薬、風邪の薬、解熱鎮痛剤、乗り物の酔い止め薬などは

 

副作用の増加を招く危険性があるので併用は禁じられています。

 

 

アレルギーを持つ人は薬を常備していると思いますが、

 

いわゆる抗ヒスタミン剤というものが睡眠薬と同じように眠気を誘う効果を持つ場合があります。

 

この作用を利用した睡眠改善薬も一般のドラッグストアで販売されていますから、

 

睡眠効果を倍増させてしまうことになります。

 

 

花粉症の季節など、鼻炎薬が手放せないシーズンがあることも確かですね。

 

そうした場合は睡眠薬の服用は一旦中止するか、

 

飲む時間を計算して重ならないように緻密に管理する必要があります。

 

 

例えば、朝晩飲む鼻炎薬の夜は飲まずに睡眠薬を服用するとか、朝昼晩1日3回飲むタイプの鼻炎薬は

 

効き目が切れるまでの時間が短いので、夜睡眠薬を飲む時間までに効果がうまく切れるように

 

計算して飲むといった具合です。

 

 

心配なら睡眠薬を処方した主治医へ相談して、服用について計画を立てることも必要でしょう。

 

薬は甘く見てはいけませんので、そこまできちんと対処するのは至極正しい行為です。

 

 

そうした細かい部分でいい加減な対応しかしないような病院なら、

 

これから先の治療にも影響が出ますので変えたほうが賢明です。

 

 

鼻炎は内服するタイプやスプレー式のタイプなどいろいろな形状がありますが、

 

いずれにしても問題は体に取り込まれる成分量です。

 

飲むタイプでなければ大丈夫と思うのは早計ですので、きちんと確認してください。

 

睡眠薬・睡眠導入剤の総合情報

<スポンサードリンク>

睡眠薬と鼻炎薬を併用してはいけません!関連ページ

睡眠薬入りアイスティーの昏睡強盗って?
海外へ旅行する際、睡眠薬入りのお酒やアイスティーなどを飲まされて、気が付いたら盗難に遭っていたなどという昏睡強盗には十分注意するように日本政府が呼びかけていますので、知らない人に勧められる飲み物は飲まないようにしましょう。
睡眠薬の代わりに目薬がなるの?
大昔の目薬にはアルカロイド類が含まれていて、内服すると意識混濁が起こるという時代があったようですが、今の目薬にはもちろんそんな成分は含まれていませんので、飲んだところでそのような副作用は起きません。
睡眠薬の代用になるものってあるの?
睡眠薬は、飲まずに済むなら飲みたくはありませんが、脳と肉体が極限まで疲労してしまった場合は、服用も致し方ないとは思います。そのため、漢方薬を代わりに試してみるという手段も考えられます。